起業家コンサルタント 中村仁オフィシャルサイト

MENU

中村仁がマーケティングに悩む
起業家・コンサルタント・士業に向けて配信するブログ

遅れはセールスの死

by 中村 仁 / 2013.10.18

photo credit: giulia.forsythe via photopin cc

FROM:中村 仁
八尾のサンマルクカフェより・・・

「成約率39.2%→71.9%へ」

先日、掲載したメルマガ広告初日の結果です。
詳細は以下で・・・
http://www.braveentrepreneur.jp/blog/?p=6672

あなたは不思議に思いませんか?前回と同じメディア、同じページを使ったにもかかわらず、反応率が劇的に上昇する。しかも、ほとんどお金をかけずに・・・いったい何が原因なのか?と。

今日お話することを実践すれば、ほとんどお金をかけず、広告の反応率を上げることができます。あなたがどのメディアを使っていたとしても、きっと役に立つはずです。私が今回意識したことは以下の二つ。

(1)期限をつける

(2)オファーを追加する

これだけです。「えっ、そんなこと?」って思ったでしょ?最新ツールを追いかけるより、マーケティングの基礎を重視した方が成果が出ますよ。本日は、(1)期限をつけるについて、お話しますね。

期限をつけると反応が上がる?

あなたは、毎日意欲的に仕事していますか?期限3日前くらいまでノラリクラリして、ギリギリになって猛烈に取り掛かったりしていませんか?私も昔よくやってました。

こんな仕事のやり方はダメですが、期限があるから動けますよね。人間は元来ナマケモノです。後でもいいやと思ってしまうと絶対に動きません。キャンペーンをする際には、仕事と同じで期限をつけてください。

もし、期限がないならキャンペーンを始めてはいけない。このくらい強い認識を持たないと、たいてい失敗します。ダイレクトレスポンス・マーケティング(DRM)における重要な心理トリガーは、

「期限前になると、人は急に動く」
ということです。

期限をつければ、同じ内容のハガキやDMを、同じ見込み客(顧客)へ送っただけで反応が2倍になる。普通にありえる話ですよ。あなたが見込み客や既存客へ送るDMやチラシ、あるいはウェブサイトで行なうキャンペーン、「期限」が入っていますか?

P.S.
先日掲載した広告、本日が特典の期限なので、もう一回ご紹介いただきました。結果は追って報告しますが、やはり最終日の動き方はすごいですよ。私が掲載してもらったのは、米満和彦さんのメルマガです。
http://goo.gl/2VVaKp

属性が合うなら、米満さんのメルマガへ号外広告を出すのは非常に効果的でしょう。

PAGETOP