起業家コンサルタント 中村仁オフィシャルサイト

MENU

中村仁がマーケティングに悩む
起業家・コンサルタント・士業に向けて配信するブログ

【第5回】ついに自力集客への道が・・・

by 中村 仁 / 2019.06.08

最近は、「マーケティングコンサルタントとしての働き方」を

テーマにメルマガを書いています。

 

と言っても、まだコンサルティングの話は、

ほとんど出てないですけど、、、。

 

前回は、

「初期のクライアント獲得方法」

について書きました。

 

バックナンバーはこちらから!

【連載開始】結構苦労しとんなーと思った就職後を振り返る(見てね)
http://www.braveentrepreneur.jp/blog/uncategorized/20190603/

【第2話】人生の転機がキタ(・∀・)コレ!!

http://www.braveentrepreneur.jp/blog/uncategorized/20190604/

【第3話】初月25,000円からのスタート~

http://www.braveentrepreneur.jp/blog/uncategorized/20190605/

【第4話】「中村はどうやってクライアントを獲得し今に至ったのか?」

http://www.braveentrepreneur.jp/blog/uncategorized/20190606/

 

コンサルタントになるためには、

以前ほど経験や実績が必要でなくなりました。

 

昔と違って求められる関わり方が、

変わってきましたから。

 

でも、自身の専門分野の実績・経験は必要ないのか?

というと、そんなはずはありません。

 

専門分野がなければ何の専門家かわからず、

仕事をお願いしようがありません。

 

特に、誰かのサポートをするのに、

実績がないということはやる正当性がないということにも

なりかねませんよね?

 

ということは、

いち早く実績を積んでいく必要は

あるわけです。

 

あなたが起業家であっても、

会社員であったとしてもです。

 

私はマーケティングコンサルタントとして

活動する前に、

コピーライターとして代行業を

スタートさせました。

 

当時、私のコピーライターとしての実績は、

お蔵入りになった自分のコピーと、

当時勤めていた会社のレターの2枚だけでした。汗

 

なんらかの実績を作ることが、

のちにコンサルする際に役に立つと思って、

価値のわかりやすい代行を選んだのです。

 

同時並行で自分の棚卸しを行い、

会社員時代に培ってきたリスティング広告の管理・運用スキルで

代行ができることにも気づきました。

 

実は、これだけでとりあえず食べていけます。

しかも、実績もついてきます。

 

実績が増えてきたら、

目に見えるツールを作りました。

 

ランディングページだけを集めた

バインダーの事例集です。

 

結局、何の専門家かわからず、

何をしてくれるのか?価値を明確化しないから

受注できないんです。

 

代行でもコンサルでも同じです。

代行が少し伝わりやすいというだけで工夫次第で、

さらに価値を伝えることができます。

 

価値の見える化でさらに、

受注率が上がっていきました。

 

最初は武器なんて1つで良いんです。

 

実績積んだりお客様に接する中で、

お悩み事を聞いて行って、「それできますよ」といえば

いいだけですから。

 

代行業を切り口にしてクライアント先に

訪問していけば社長のお悩み事を聞く機会はあるはずです。

 

社長:「セミナー集客やっているんだけど、思ったほど集まらなくてね」

とか。

 

社長:「メルマガ書いているだけど苦手なんですよ」

 

クライアントに会ってお悩み事を聞くことが

できる機会って本当に重要ですね。

 

メルマガ代行、セミナー集客ページと

その前後必要となるプロモーションメールを提案して

追加で受注しました。

 

アフィリエイトセンターの運営とか、

FaxDMの配信代行作業まで仕事として請け負うことに

なりました。

 

結局、お悩み事をいかに聞くかです。

 

だけど、代行はね。

すぐにお金になるんですけど、限界があるんですよね。

 

1日は24時間しかないってことです。

 

しかも、単価も相場観があって

あまり上げることができません。

 

まずは、自分の棚卸しをして、

1つの武器で稼ぐ力を身につけるためにやるのは

ありです。

 

次第に武器が増えてくる中で、

クライアントのお客様ごとが見えてくるわけです。

 

「文章を書くことを通して、

顧客獲得につながるマーケティングをしたいけど、

やり方がわからないんだな」

 

そこで!

 

・わかりやすく自分のやっていることを、

伝えられるようになりたい

 

そんなことを考えるようになってきました。

 

そこで必要になってくるのが、、、、

代行からコンサルティングへ以降するきっかけとなる

 

===============
マーケティングの仕組み化
===============

 

だったのです。

 

自分のことを知ってもらう必要がありますよね?

「おっ、この人○○の専門家なんだ」

 

コピーライターなんだけど、

ランディングページのお悩み事以外にもお困りごとがあるので、

その悩みに向けた商品を作ったのです。

 

—————————

マーケティングの仕組み化ができる顧客獲得共感ライティング

—————————

 

月に1回で4ヶ月連続、

初回は11人(寝ている人もいて良い経験でした)

 

2回目は25人。

3回目、4回目が12人くらいだったかな。

 

すごく喜んでもらえましたね。

実際に仕事につながりました。

 

ライティングで顧客獲得できる

マーケティングの専門家みたいな見え方に変化

してきたんです。

 

そして、DVDにして売り出したところ、

2週間で400本売れ、その後1年半で約1300本の大ヒットと

なったのです。

 

キ・キタ━━(゚д゚;)))━━!!

という感じです。

 

この時に、メンターのお一人である平野友朗さんから、

「コンサルをメニュー化したら?」

と言われて、

サクサクレターを作ってDVDの購入者に販売したら

バカ売れしたのです。

 

この経験を通してお伝えしたいことは、

「DVDを作りましょう」

ではないですよ。汗

 

お客様のお悩み事を正確に把握した上で、

入り口と出口を設計すれば、狙って顧客獲得ができるという

ことです。

 

マーケティングの仕組み化です。

鉄板のパターンが一度できれば強いですね。

 

当然、あなたも実績ができてくれば、

同じことができます。

 

代行から個別コンサルティングという

次のステージに上がる頃には、すでに年商1,000万円が

見える頃です。

 

教えないという関わり方に出会うには、

翌年の挫折経験が必須になってくるのですが、

それはまた別のお話。

 

毎日が試行錯誤の連続でした。

とにかく成果に直結した行動だけは取り続けました。

 

では、中村が、

「どうして最終的にマーケティングコンサルタント、

しかも、教えないという顧客との関わりに至ってブレークできたのか?

 

そんな話を次回以降、

書いていこうと思います。

 

懐かしすぎます。

 

PAGETOP